金豊製ダブルクランクサーボプレス 登場

2013-03-06

随着3C产品的普遍使用及高世代替换的特性,旧3C产品逐渐成为地球的另一项负担。

台湾国内鍛造設備の製造メーカ”金豊”がシングルクランクリンク式サーボプレスを開発したあと、2013年台北国際工作機械見本市でさらにダブルクランク直接駆動式サーボプレス、省力リンク式サーボプレス及び温間/熱間鍛造プレスなど注目される機種を引き続いて発表致しました。それ以外に精密的、複合的、柔軟性ある、効率的などの世界の成り行きにより精密厚板用鍛造プレスとストローク調整可能なプレスも展示しております。金豊社の開発実力の強さと多様化な商品を揃えてあることを示しています。

金豊社の営業副総経理の鄭漢栄は以下の発言があります。2012年金豊グループの売上高は台湾元66億元を超え、再び歴史記録を更新しました。2011年に比べ20%の成長がありました。成長の動力は金豊中国工場が中国市場で長い間経営してきたので、ブランドが知られ、通路も揃えているので、その効果で18%も成長しました。その次、アメリカ政府は製造業をアメリカに戻るよう政策が効果を発揮し、金豊アメリカの売上げは57%も増加し、2012年でもっとも成長率が高い地域でした。

それ以外、金豊台湾本社は世界経済の不景気に影響されていますが、お客様のニーズに合わせて製造し、サービスを提供するやり方、つまりカスターマイズはお客様に認めて頂き、売り上げはわずかに減りました。新しく開発したサーボプレスはアメリカ、東南アジアで好評を得て、引き合いが殺到しています。 また、冷間/温間/熱間鍛造プレスは中国鍛造市場の変わりに応じて、中国メーカに多く取り入れて頂き、金豊グループの今年の売り上げにも貢献しました。


(金豊WFシリーズの温間/熱間鍛造プレスは冷間プレスと組み合わせたことで、高効率の自動化生産ラインを実現でき、中国市場で売れています。影 )

今年のTIMTOS展示会で、金豊は知恵、緑、安全的、効率的、精密的、複合的、柔軟性あるなどを展示のテーマにしております。金豊が多方面において、開発する実力を見せています。サーボプレスは引き続けて大型機に向けて開発しています。今年の展示機のSDSは200トンから1200トンまでのダブルクランク直接駆動式サーボプレスです。プレス能力を1200トンまで上げています。主に軽合金、自動車産業高抗張力鋼板部品などに適用しています。

金豊製ダブルクランクサーボプレスで、サーボ装置はいい性能で、スライドは良い平行度があり、製品は高精度になります。WFシリーズの温間/熱間鍛造プレスは5000トンクラスまで開発しております。近年中国市場で、鍛造製品の精度が続けてアップし、産業もグレートアップしています。摩擦プレス及びハンマーは騒音や汚染の欠点があるため、鍛造プレスはだんだん主流になってきています。WFシリーズの温間/熱間鍛造プレスに金豊の冷間鍛造プレスや自動化送り装置と組み合わせたことで、精密鍛造生産ラインが実現になります。大幅に加工効率と精度を向上することができます。